秋吉台自然動物公園 サファリランド

twitter

facebook

youtube

飼育員のブログ

■最新の記事




■最新の写真




●ちょっと怖がりな新入り紹介




初めまして。「ゆう」と「えみ」です。よろしくね!
とっても仲良し!ご飯だって同じ容器で食べちゃいます。
「あ〜疲れた」
エミューだって疲れたら座ります。
皆さん、明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願い申しあげます。
早速ですが、前回のダチョウに引き続き、新しい仲間がやってきました。誰が来たかというと、ダチョウの仲間「エミュー」です。ダチョウと同じく飛べない鳥で、一回り小さい体をしています。本来はオーストラリアに生息(住んでいる)しており、スピードやジャンプ力はダチョウに引けをとりません!

エミューは今回2羽でやってきました。とても怖がりと聞いており、サファリに来てすぐは暴れたりする可能性もあるため、外に出さずに部屋の中に入れて様子を見ました。1週間ぐらい経つと少し環境に慣れて落ち着いてきたようなので、いよいよ部屋の外へ出すことになりましたが、ケガをしたり、柵の外に飛び出したりしないかなど色々なことを心配しました。
準備も整いいざ外へ!・・・やっぱり落ち着いていました( ̄▽ ̄;)でも飼育員が近付くと逃げてしまいます。これから少しずつ私たちにもなれてほしーなー(^^)

ここで2羽の紹介をしたいと思います。生年月日が分からなかったため、スタッフの知識と経験から推定1才と認定!性別のほうもまだ正確にはわかっていませんが、オスとメスで鳴き方が違い、オスは“グゥー”メスは“ボン、ボボン”と鳴きます。これをもとに性別を判断して、オスは『ゆう』メスは『えみ』と名付けました。なぜこの名前にしたのか・・・すでに気づいた人もいるかもしれませんが、『えみ』と『ゆう』、『エミ』『ユウ』、エミ、ユウ・・・・分かりました?(笑)見分け方は難しいと思いますが、怖がりな方が『ゆう』、好奇心旺盛な方が『えみ』です。

今後、正確に性別がわかれば卵を産んでくれないかなーと期待をしています。エミューの子供は可愛いんですよ.。さらにエミューの卵はエメラルド色でとてもキレイなんです。また、羽根は二股に分かれていてよく見るとハート型、とてもロマンチックですね!

 見た目は黒っぽくて怖そうに見えますが、よく観察してみると目がクリッとしてかわいい顔をしています(スタッフだけ?)現在は動物ふれあい広場の休憩所近くにいるので、ぜひ『ゆう』と『えみ』をご覧になって下さい。

●
ふれあい広場 村田


秋吉台自然動物公園サファリランド
〒754-0302山口県美祢市美東町赤1212
TEL 08396-2-1000 FAX 08396-2-1005 MAIL safari@tanakahotelg.co.jp

Copyright(c)2006 TanakaKinzoku Co. Ltd. All Rights Reserved.

トップページ

ページの先頭