秋吉台自然動物公園 サファリランド

twitter

facebook

youtube

飼育員のブログ

■最新の記事




■最新の写真




●サファリランドの老獣(ろうじゅう)たち




キリン(寿命25才)
オス ハルゾウ 19才
寒さに弱いため冬は特に気を使います。まだまだ現役!今年も子供を期待しています!!
草食セクションのロバたち(寿命20〜25年)
左はグリコ 23才!
右はチャコ 30才!!
とってもマイペースなおばあちゃんたち
アメリカバイソン(寿命20〜25年)
鉛(なまり) オス 23才
やさしい瞳がチャームポイント☆
 サファリランドにも少しずつ春がやってきました。今シーズンは暖冬のせいか体調が悪くなる動物が少なくてほっとしています。お年寄りの動物たちも何とか冬をのりきってくれました!今回はサファリランドのお年寄りの動物たちをご紹介したいと思います。

 多くのほ乳類は20才以上になると高齢です(ゾウは例外 寿命は60〜70年!)。サファリランドの動物たちは長生きしてくれます。ただ、人間と同じで年をとると足腰が弱くなったり、すばやく動けなくなったりします。

 お年寄りのロバを治療することもありますが、なかなか元気よく若い頃のようにというわけにはいきません。立ち上がりづらかったり、歩きづらかったりするのを少しだけ助けてあげる事しかできません。たまにふらつきながら歩いているお年寄りのロバを見て心配されるお客さんもいますが、ロバにとっては群れから離れて寝室で生活するよりも、何とか歩いて外に出て群れと一緒にいるほうが安心するんです。

 野生動物たちは自分の力で立ち上がらなければ生きてはいけません。年をとっったり、ケガをしたりして歩くのに不自由している動物たちが、がんばって仲間についていこうとする姿には私たち獣医も飼育係も励まされます。それは野生により近い状態の動物たちを見せているサファリランドならではの光景(こうけい)です。

 お年寄りの動物たちを見ていると何か哀愁(あいしゅう)のようなものも感じられます。20才以上の動物たちは私たちよりも長くサファリランドで生活しています。誰よりもこの秋吉台の自然やサファリランドを知っているのは動物たちなんですね。

 サファリランドに遊びに来たときは、このたくましく生きるお年寄りの動物たちから元気をもらってくださいね♪

●
獣医師 佐藤


秋吉台自然動物公園サファリランド
〒754-0302山口県美祢市美東町赤1212
TEL 08396-2-1000 FAX 08396-2-1005 MAIL safari@tanakahotelg.co.jp

Copyright(c)2006 TanakaKinzoku Co. Ltd. All Rights Reserved.

トップページ

ページの先頭