秋吉台自然動物公園 サファリランド

twitter

facebook

youtube

飼育員のブログ

■最新の記事




■最新の写真




●ライオン 恋の季節




とっても怖がりのユウライ
積極的なクオイル
たてがみが生えてきたばかりの2頭
ジョナ(左)、シドー(右)
 春の訪れとともに、ライオンたちにも恋の季節がやってきました。とはいっても決まった季節に発情(はつじょう)するわけではありません。群れをつくるライオンは互いに協力し合って生活をしています。子育ても例外ではありません。サファリァンドでも育児を放棄(ほうき)した母ライオンにかわって、年配のメスが子供の面倒(めんどう)をみた例があります。(結局、お乳が出ずに人工哺育になりましたが・・・)。だから、ライオンは効率よく一緒に産んで、一緒に育てる傾向(けいこう)にあり、1頭に発情が始まると、次々に群れのメスが発情します。サファリァンドは今まさにそんな時なのです。

 ところで、ライオンの群れにはそれぞれのルールのようなものがあります。サファリの群れのルールとして恋のお相手はメスに決める権利があるようです。メスに選んでもらうためオスたちは一生懸命にメスにアピールしなければなりません。威風堂々(いふうどうどう)のオスも陰では、メスのご機嫌をうかがい色々努力しているんです。

 それではここで、4頭いるオスたちを少しご紹介しましょう!たてがみの立派な《ユウライ》、毛色が薄く男前の《クオイル》、脚の長い《ジョナ》、軽くカールしたたてがみがキュートな《シドー》です。

 メスたちの好みもそれぞれですが、総合的に見て、今回はシドー君の人気が高いようです。逆に立派なたてがみのユウライは近寄るとメスに追い払われていました。その理由はわかりませんが、ライオン界も外見や力の強さだけではダメみたいです。やはり日頃の行いが大事なのでしょうか・・・

 恋が実り、6〜7月頃に赤ちゃんが見られることを飼育員一同願っています!!
 またそのときはホームページで報告します!!

●
ライオン担当 柴田


秋吉台自然動物公園サファリランド
〒754-0302山口県美祢市美東町赤1212
TEL 08396-2-1000 FAX 08396-2-1005 MAIL safari@tanakahotelg.co.jp

Copyright(c)2006 TanakaKinzoku Co. Ltd. All Rights Reserved.

トップページ

ページの先頭