秋吉台自然動物公園 サファリランド

twitter

facebook

youtube

飼育員のブログ

■最新の記事




■最新の写真




●もうすぐナイトサファリ☆




夜のチーターは目つきが鋭く野性味あふれています!
飼料庫で『影絵動物園を作っています
これが『アニマルコーン』
ふれあい広場の歩道をてらします
 今年もナイトサファリがはじまります!今年のナイトサファリは昨年よりもパワーアップして色々なことを行います。
 実はサファリランドには、ナイトサファリ実行委員会なるものがあって、4月から今年のナイトサファリをどのようにおもしろくしていくか計画してきました!今年の目玉をいくつか紹介したいと思います。

 一つは『影絵動物園(かげえどうぶつえん)』です。これは、せっかくの夜なのだから光と影を使った動物園をしたらおもしろいんじゃないだろうか!?という発想(はっそう)から生まれました。動物たちに光を当てて、映しだされる影をみてもらいます。でもはじめてのことで、作るのは大変でした。「どのようにしたらキレイな影が映るだろうか」、「どのようにしたら楽しい影になるだろうか」色々考えながら形を作っていきました。私たちが一番気をつけたのが中にいる動物たちに負担をかけないことです。光を当てても動物たちが暑くなりすぎないように工夫をしました。
 いまスタッフみんなで、影絵動物園に登場する昆虫やカエル、魚など、サファリ周辺の身近な生きものを集めています。これも、意外と子供のころを思い出して楽しいものです。

 二つ目は『アニマルコーン』 工事現場で使うカラーコーンに、動物の形に穴を開けて中にライトを入れています。これがとってもキレイなんです。動物の絵もそれぞれ違います。ふれあい広場の歩道に沿って約130Mにわたって並んでいますので歩きながらゆっくり見てもらいたいです。

 三つ目は『光る石』です。遊園地とふれあい広場のあいだに光る石で星座や動物アニメを作成しました。神秘とファンタジーの空間になっています。

 『影絵動物園』も『アニマルコーン』も『光る石』もすべて1からの手作りです!!動物園の飼育係も動物を飼育しているだけではなく、いろいろなことをしてお客さんに楽しんでもらおうと思っています。

 サファリゾーンでは動物の夜間練習もしています。昨年よりも展示する動物を増やしてより迫力のあるものにしようと頑張っています。動物たちは夜の展示場をこわがったり、興奮して走り回ったりします。どうやったら動物たちの夜の姿を見てもらえるか私たちもスキルアップ中です!

 このように、今サファリランドいちがんとなってナイトサファリの準備をしています。ナイトサファリ楽しみにしてください!!

●
チーター・クマ担当者 中野


秋吉台自然動物公園サファリランド
〒754-0302山口県美祢市美東町赤1212
TEL 08396-2-1000 FAX 08396-2-1005 MAIL safari@tanakahotelg.co.jp

Copyright(c)2006 TanakaKinzoku Co. Ltd. All Rights Reserved.

トップページ

ページの先頭