秋吉台自然動物公園 サファリランド

twitter

facebook

youtube

飼育員のブログ

■最新の記事




■最新の写真




●今までありがとう




動物慰霊祭の様子
乗馬を行っていたころのジャスミンとペンタ
園内を自由に歩き回るペンタ
キリンも興味津々です(笑)
9月27日、動物慰霊祭が行われました。
今年はマルミミゾウのミミ(♀)や、ホワイトタイガーのハクユウ(♀)、シロサイのシロ(♂)など、長年皆様に愛されてきた動物たちを始め、ふれあい広場でも大人気だったロバのペンタ(♂)、ジャスミン(♀)が亡くなりました。


今回、僕の担当動物であったロバのペンタ、ジャスミンについて紹介したいと思います。
年齢27歳、人でいう90歳くらいの高齢でしたがとても元気で、25歳までは乗馬で活躍をしていました。

優しい性格で子どもたちにも大人気でしたが、26歳からは乗馬を引退し、老後生活を送っていました。

毎朝2頭でお気に入りの場所で草を食べ、昼は日向ぼっこをしながらお昼寝、夕方満足すると帰ってくるという幸せな生活だったと思います!
しかしそんな幸せな生活も長くは続きませんでした。
7月に入り、ペンタが自力で立てない日が増え、ついに帰らぬ人に。
ペンタが亡くなって一人ぼっちとなったジャスミンは、ごはんを食べなくなりました。
ロバや馬は群れで暮らす動物なので寂しかったのでしょう。
ジャスミンもペンタのあとを追うように亡くなりました。
ふれあい広場に自由に放されていて、好きに触れるロバ、他の園館ではまずないと思います!
皆様から愛されたロバのペンタ、ジャスミン、27年間お疲れさま。
今まで本当にありがとう。


●
ふれあい広場担当 木下



●ナイトサファリのニューフェイス!




メガネフクロウ 「愛」

チャームポイントは目力!
先輩ホンドフクロウからアドバイスを受ける新人
フクロウを漢字で書くと「梟」

鳥と木です

木の似合う夜の鳥なのです

酷暑の夏が過ぎ、秋の夜長が近づいてきました。
そこで星空のもと、動物たちの夜の顔を見るのはいかがでしょうか?

夜の動物 夜の鳥 といえば・・・・フクロウですよね
夜の狩人とも称される、夜が一番似合う鳥なのです
今年のナイトサファリでも「フクロウに大接近」を行っています!
今年はなんと新しい仲間が加わりました!

目力満点、黒い顔に目の上の白いラインがきりりとかっこよく、太い脚と鋭い爪に握力も備わる強者 メガネフクロウです!!
名前は愛(あい) 女の子です まだ1歳と幼さが残りますが、ガッツのある 今後のフライトに期待のできる新人です!

この新人メガネフクロウと先輩のホンドフクロウ 2羽の夜の姿は最高に素敵です!
今年は手乗り体験に加えてナイトフライトにもチャレンジします。
暗闇を力強く飛ぶ姿に私たちスタッフも感動します。お客さまにぜひとも夜のフクロウを知ってもらいたい!今年のナイトサファリもスタッフとフクロウの意気込み十分!フクロウ好きの方もそうでない方もぜひともお誘いあわせの上ナイトサファリにお越しください。お待ちしています

ナイトサファリ 9/14.15 「フクロウに大接近」
 第1部18:30〜 メガネフクロウ手乗り体験
 第2部20:00〜 ナイトフライトにチャレンジ
 フクロウとフクロウ好きの飼育スタッフとのトークをお楽しみください

●
獣医師 佐藤



●新イベント!チーターハンティング 始めました!!




この夏、サファリのチーターが熱い!!
新イベント・「チーターハンティング」では、チーターのルアーハンティングをご覧いただけます!

チーターたちが追いかけるルアー(疑似餌)は犬用のおもちゃです。
これをジープにつけて走ります。
動くものが大好きなチーターは、ルアーが動き出すとわくわく!
テンション上がります↑↑

獣舎の扉を開けるとスタートです!
そして一気に加速!!
あっという間にルアーに追いつき、必死に捕まえようとします。

イベントの最後には、普段車でしか入れない場所に降りていただき、
間近でチーターをご覧いただけます。

美しく、力強い、チーターたちの姿を是非見に来てください!!

詳しくは、HPイベント案内をご覧ください。


●
獣医師 灰谷



●秋吉台サファリランド名物?




生後1ヶ月半になり、かなり大きくなりました。
隙あらばカメに乗って遊んでいます。エドやんは慣れたもので無反応・・・
ミルクの時間は高い所で飲むのがお気に入り!
前回のブログでご紹介しましたヤギの赤ちゃん、順調に成長しております!
少し大きくなった時雨くんと五月雨くんが見せてくれる、秋吉台サファリランド名物とはいったい…?

それがこれ!「カメの甲羅に乗る仔ヤギ」です(*^_^*)
山口県民の方は、テレビや新聞でご覧になられたかもしれません。
「あんなところに登って危なくないの?」とよくお客様に聞かれますが、ヤギは元々、崖や岩場に住んでいる動物なのです。
だから高くても足場が不安定でもなんのその、ヒョイヒョイっと見事なヤギジャンプを見せてくれます。
元気があり余っている仔ヤギたちは、テンションがあがるとヤギダンスもします!笑

そして背中に乗られているのは、ケヅメリクガメのエドワード君(通称エドやん)
野生下では餌を求め、一日約30q歩くと言われる大型のリクガメです。
仔ヤギたちに乗られ遊ばれようが、餌を取られようがおかまいなし。
毎年のことなので慣れっこのようで、マイペースにお散歩を楽しんでいます(^o^)
ただエドやんも少しは気になるのか、仔ヤギのミルクの時間には「何しちょん?」と近づいてきてスタッフの邪魔をします(笑)
そんな2頭の仔ヤギと1匹のリクガメが、かわいくて仕方がない新米飼育員なのでした。

このようにカメの甲羅に乗って遊ぶ仔ヤギの姿は、好奇心旺盛なこの時期しか見られません!
皆さまのご来園、お待ちしております♪

●
ふれあい広場担当 松成



●梅雨にも負けず




こんにちは!

秋吉台サファリランドにも梅雨がやってきました。

…が、ふれあい広場では雨を吹き飛ばすような元気な声が聞こえています!

なんと!6月2日に3頭の仔ヤギが誕生しました(^_-)-☆

梅雨にちなんで長男:時雨(しぐれ)、二男:五月雨(さみだれ)、三男:小雨(こさめ)と命名。

予定よりも1週間ほど早く生まれたため、未熟児だった三男小雨くんは残念ながら2日後に死亡してしまいました。

小雨くんの分まで元気に育ってほしいと願うばかりです。

お母さんの「ういろう」は初めての出産で戸惑いながらも、しっかりと子育てをしてくれています!
子どもたちがもう少し大きくなれば、秋吉台サファリランド名物?の「アレ」もご覧いただけますよ(^0^)

「アレ」の答えは次回のブログで…。お見逃しなく!

元気いっぱいのかわいい仔ヤギちゃんたちに、ぜひ会いにいらしてくださいね!


●
ふれあい広場担当 松成


秋吉台自然動物公園サファリランド
〒754-0302山口県美祢市美東町赤1212
TEL 08396-2-1000 FAX 08396-2-1005 MAIL safari@tanakahotelg.co.jp

Copyright(c)2006 TanakaKinzoku Co. Ltd. All Rights Reserved.

トップページ

ページの先頭