秋吉台自然動物公園 サファリランド

twitter

facebook

youtube

飼育員のブログ

■最新の記事




■最新の写真




●レッサーパンダの赤ちゃん、すくすく成長中!!




生まれて2週間。
まだ、模様がありません。
生まれて2ヶ月。
ずいぶん大きくなりました。
は、はさまった・・・
 8月18日にレッサーパンダの双子の赤ちゃんが誕生しました!
そしてついに名前が決定!その名も、「♂:とうや ♀:いちは」です!
沢山のご応募ありがとうございました!
そんな双子ちゃんの両親はルナ×コウコウ夫婦。
当園では今回で4回も繁殖に成功してくれているベテランペアです^^
 
 このペアの子供達を見ていると、成長に伴って両親の遺伝子を深く感じることがあります。
まずはやはり見た目。
今まで産まれた子供達を見ても、父コウコウ派、母ルナ派と見事にわかるのです!
色が黒っぽく、キリッとした顔つきは父:コウコウ、色が薄くて目がクリッとした丸顔は母:ルナ、といった感じ。
 よく見ると意外と違いがわかりやすいので是非観察してみて下さいね!
また、見た目だけでなく行動にも、親の遺伝子を垣間見ることができます。
今まで産まれた双子のどちらかは必ず、父:コウコウの変なクセを引き継いでいるんです!
その変なクセとは「エサ皿の中にう●ちをする!」
なんともこまった遺伝でしょうか…!^^;
 
 このチビちゃん達もいずれはこんなことを真似するようになるのかと思うと複雑ですが、それでも双子の成長が楽しみな飼育員でした(笑)

●
レッサーパンダ担当者:田渕



●ライオン赤ちゃんすくすく成長中!!




お散歩中〜
おいしいな〜
猛暑の夏も終わり、過ごしやすい秋がやってきました。動物たちも元気よく動き回っています。

 ライオンの赤ちゃんは誕生してもうすぐ2ヶ月が経ちます。生まれて10日ほどは目もしっかり開いておらず、ミルクを飲むのが下手で、ものすごく時間がかかっていましたが、今ではまん丸とした大きな目を開けて、ミルクを準備している段階から「ミルクをちょうだ〜い」と泣き叫び、飲み始めると一気に飲み干します。そして飲んだ後は爆睡です。毎日体重を測っているのですが、着実に大きくなっています。赤ちゃんの成長は本当に早いです。
 この子は、生まれたときスタッフが心配するほど体が細くて小さかったですが、今ではミルクをたくさん飲み、大きく健康に成長しました。ライオンの赤ちゃんというだけあって、手足は太くてたくましいです。噛む力も強くなってきました。あと1ヶ月もすれば、ミルクを卒業しお肉を食べるようになります。そして大人になると体重は100kgを軽々超えていきます。ミルクを飲み、人とじゃれあって抱っこできる今の体の大きさで成長が止まればいいなぁーと思うことがあります(笑)。ですが、動物が大人に成長しその子がまた新しい命を生んでくれることは、私たちスタッフにとって一番うれしいことです!これからも元気よく健康に成長してもらいたいと思います。

このライオンの赤ちゃんとのふれあうことができるのは今だけ!可愛いだけじゃなく、力強い姿をぜ ひ見に来てください。また生後3か月の子ライオンも近くで見ることができますよ!元気いっぱいのライオンの赤ちゃんと元気がありすぎるスタッフが待ってまーす。

●
ライオン担当 鮫島



●お嫁に行きました!!!




輸送箱に入った瞬間のカナ
トラックに乗り高速道路を移動中
カナダまでお嫁に行ったリナ
レッサーパンダのリナちゃん と アミメキリンのカナちゃんが、7月にサファリランドからお引っ越ししました!!!

リナちゃんとカナちゃん、どちらも2012年にサファリランドで生まれた可愛い女の子です!
そんな2頭も、そろそろ大人になる年齢となり、
リナちゃんは日本平動物園へ(その後カナダの動物園へ)
カナちゃんは安佐動物公園へ、
それぞれお嫁に行きました!!!\(^o^)/

お引っ越しはそれぞれ車で長時間の移動でしたが、どちらも暴れたりケガをしたりする事なく、スムーズで安全に行う事ができました!
さすが!おりこうさんな2頭!!!

現在は2頭とも新しい仲間たちと一緒に、元気に過ごしているそうで、スタッフ一同ひと安心です(´ω`)ホッ

しかし、あまり安心していられません。
実は... 動物たちに先を越されてしまいました(´△`;)
私たちもお嫁に行けるといいなぁ〜

●
キリン・レッサーパンダ担当一同



●ナイトサファリ エサやりバス好評運行中!!




シマウマにエサやり中〜
ライオンが暗闇から突然!!
本年も、夏の人気イベント「第9回ナイトサファリ」を実施中。
ナイトサファリとは・・・・
日没後、当園の専用バスに乗って、ドライバーがガイドをしながら、真っ暗な中をライトで動物達を探しながら進んでいきます。
昼間とは違った、動物達の動きやライトに光る目は、夜ならではの風景。
さらに、昨年からエサやりバスを運行。これがまた、大迫力。
例えば、暗闇から現れるライオンにドキッ、としながらお肉をあげれます。
子供はもちろん、大人も思わず「わぁ〜っ」と声があがります。
スタッフの私も、たまに見る光景にドキドキです。
くわしい日程等は、ホームページ内でご確認を!!

☆動画はこちら



●
営業部 吉村



●動物たちも歯が生え変わっている!!




「灰谷さん、見てください、こんなものが獣舎に落ちていましたよ!」
と、嬉しそうにキリンの担当者が私に見せてくれたのは、若い雄キリン、キズナ君の、乳歯でした。
これはなかなかお眼にかかることができない貴重なシロモノです!!
早速、記録の写真を撮って、漂白剤に漬けました。

サファリで働くようになって、2年がたちました。まだまだ解らない事、知らないことだらけの新米獣医です。

人と同じように、犬や猫たちも乳歯から永久歯に生え変わることは知っていましたが、
他の哺乳類も、こどもの歯からおとなの歯に、生え変わっているんです!

キズナ君の異変に気がついたのは、去年の夏ごろ。
舌をレロレロ、口をモゴモゴ、よだれもいつもより沢山出ていて、なんだか食欲もありません。
心配していたところ、キリンの担当者が、「キズナの前歯がないんです…」と報告に来ました。

歯が抜けてしまうほどのケガをした様子もなく、こんなに若いのに前歯が抜け落ちてしまった…とがっかりしていましたが、
これはもしかして……歯の生え変わりかな…??
草食エリアの担当者にも話しを聞いてみたところ、
若いシマウマやブラックバックなど、他の動物でも前歯が生え変わっているのを見かけるとの事。ほっと一安心です。

その後も、キズナ君は、次々と歯が生え変わっていき、
そのたびにちょっと食欲がなくなって、担当者を心配させています…。
口をモゴモゴさせているのを見ると、「あら?また歯が生え変わっているのかな?」
と、自分が小さいころに歯が抜けたときの、あのなんとも言えない感覚を思い出してしまいます。

来園から2年、今年で4歳になるキズナ君。
すっかり背も伸び、おとなっぽくなってきました。

●
獣医師 灰谷


秋吉台自然動物公園サファリランド
〒754-0302山口県美祢市美東町赤1212
TEL 08396-2-1000 FAX 08396-2-1005 MAIL safari@tanakahotelg.co.jp

Copyright(c)2006 TanakaKinzoku Co. Ltd. All Rights Reserved.

トップページ

ページの先頭