秋吉台自然動物公園 サファリランド

twitter

facebook

youtube

飼育員のブログ

■最新の記事




■最新の写真




●ナイトサファリ エサやりバス好評運行中!!




シマウマにエサやり中〜
ライオンが暗闇から突然!!
本年も、夏の人気イベント「第9回ナイトサファリ」を実施中。
ナイトサファリとは・・・・
日没後、当園の専用バスに乗って、ドライバーがガイドをしながら、真っ暗な中をライトで動物達を探しながら進んでいきます。
昼間とは違った、動物達の動きやライトに光る目は、夜ならではの風景。
さらに、昨年からエサやりバスを運行。これがまた、大迫力。
例えば、暗闇から現れるライオンにドキッ、としながらお肉をあげれます。
子供はもちろん、大人も思わず「わぁ〜っ」と声があがります。
スタッフの私も、たまに見る光景にドキドキです。
くわしい日程等は、ホームページ内でご確認を!!

☆動画はこちら



●
営業部 吉村



●動物たちも歯が生え変わっている!!




「灰谷さん、見てください、こんなものが獣舎に落ちていましたよ!」
と、嬉しそうにキリンの担当者が私に見せてくれたのは、若い雄キリン、キズナ君の、乳歯でした。
これはなかなかお眼にかかることができない貴重なシロモノです!!
早速、記録の写真を撮って、漂白剤に漬けました。

サファリで働くようになって、2年がたちました。まだまだ解らない事、知らないことだらけの新米獣医です。

人と同じように、犬や猫たちも乳歯から永久歯に生え変わることは知っていましたが、
他の哺乳類も、こどもの歯からおとなの歯に、生え変わっているんです!

キズナ君の異変に気がついたのは、去年の夏ごろ。
舌をレロレロ、口をモゴモゴ、よだれもいつもより沢山出ていて、なんだか食欲もありません。
心配していたところ、キリンの担当者が、「キズナの前歯がないんです…」と報告に来ました。

歯が抜けてしまうほどのケガをした様子もなく、こんなに若いのに前歯が抜け落ちてしまった…とがっかりしていましたが、
これはもしかして……歯の生え変わりかな…??
草食エリアの担当者にも話しを聞いてみたところ、
若いシマウマやブラックバックなど、他の動物でも前歯が生え変わっているのを見かけるとの事。ほっと一安心です。

その後も、キズナ君は、次々と歯が生え変わっていき、
そのたびにちょっと食欲がなくなって、担当者を心配させています…。
口をモゴモゴさせているのを見ると、「あら?また歯が生え変わっているのかな?」
と、自分が小さいころに歯が抜けたときの、あのなんとも言えない感覚を思い出してしまいます。

来園から2年、今年で4歳になるキズナ君。
すっかり背も伸び、おとなっぽくなってきました。

●
獣医師 灰谷



●メンフクロウ まるまるもりもり




こんな綿毛が・・・
すくすく成長〜
すっかり大人の毛に!!
 6月1日にサファリランドに素敵な仲間が増えました!ずっと楽しみにしていたメンフクロウのヒナです 4月27日にふ化して、もう2か月が過ぎました。来園当初はこれがあのネズミ狩りの名人メンフクロウになるのかというほどはかなげ、白い綿毛に包まれて綿あめみたいなヒナでした。でも足だけはいっちょ前で鋭い爪に顔とは似つかない握力を持っていました。

 目はまん丸、頭もくるくると回るので名前は「まる」
来園当初200g位だった体重も、ウズラを1日1羽、約80gをもりもりとたいらげて(自分の体重の40%の量です!)すくすくと成長 1ヶ月で1.5倍の体重300gになりました。大人の羽もどんどんと生えてきて、風が吹くたびに綿毛はどんどんと抜けていきました。今ではすっかり大人の羽に生えかわり、どこからどう見てもメンフクロウ!ほんとに成長がはやくてびっくりです!お客さんにも大人気で、フクロウの成長を間近で見てもらっています。

 サファリランドにはメンフクロウの他にもホンドフクロウ、メガネフクロウがいます ただいまナイトサファリに向けてフライトトレーニング中です!野生ではなかなか会うことのできないフクロウですが、自然が豊かなところにはこんな素敵な鳥たちがいることを知ってもらうために、スタッフ一同思いを込めてフクロウたちと奮闘中です!

●
獣医師 佐藤



●カピバラの赤ちゃん誕生!




ジメジメとした梅雨の時期がやってきました。
気分までジメジメとなってしまいそうな・・・そんな時!!
とってもおめでたい出来事がありました!!

6月1日、カピバラの赤ちゃんが4頭誕生したのです♪
当園では初の繁殖、そして今回お母さんとなった凪(なぎ)ちゃんも初産だったので、
私たち飼育員もただただ無事に産まれてくることを祈るばかりでした(>_<;)
凪ちゃんよく頑張りました!
子育て上手な凪ちゃんのおかげで、赤ちゃんたちもすくすく順調に育っています。

カピバラの赤ちゃんは、お母さんと同じ姿で産まれてきます(お母さんのミニチュア版)。
産まれて数時間もすると、歩いたり餌を食べたり出来るようになります。
ですがまだまだお乳が欲しい赤ちゃんたちは、隙あらばお母さんの下へもぐり
お乳をもらっています。
赤ちゃんにはなんと!すでに小さい歯が生えているんです!
なのでお乳を与えるのも多少の痛みがあります。それに耐えながらもしっかり授乳する、母は強し!!

生後3日目に、初めてお外に出ました。
怖がって出てこないんじゃないか・・・という私達の心配をよそに、好奇心旺盛な
赤ちゃんたちはお母さんについて一斉に外へ飛び出してきました。
ですがお母さんと少し離れると、ダッシュでお母さんのもとへ。
行動は常にお母さんと一緒です。

そんな子育て上手な凪お母さん、最近泳ぎの特訓を始めました。
まずは自分が池に入り、続いて赤ちゃんたちも池の中へ。
初日は赤ちゃんが溺れないように、鼻で下から支えたり、お尻を押したりと
見事なサポートっぷり。
が、次の日。
昨日同様、池に我が子を誘導した凪お母さんは、赤ちゃんが水面に出てくるとすぐに
鼻で水中に沈めていたのです。。。それも何度も。。。
きっと潜水の特訓だったのでしょう。
い、意外とスパルタお母さんだったのね(^。^;)
特訓の成果もあって、今では上手に泳げるようになりました。

色々な一面を見せてくれるカピバラの親子に、皆さんもぜひ会いに来て下さいね。

●
Kid's safari 担当飼育員 上岡奈々瀬



●赤ちゃんクロクマの成長日記!




4月下旬の様子
日に日に暑くなってきました。夏ももうすぐそこまで来ています。
今日はそんな暑い日でも元気いっぱい!クマエリアの子グマのお話です(^▽^)

今年の2月3日、アメリカクロクマのスミレが男の子を出産しました。
当園では3年ぶりの誕生でした。入社3年目の私にとっては初めてのクマの赤ちゃん
この日を待ちわびていました 早く見たいの気持ちでいっぱいでした・・・が!
実は母クマは出産の時期はとてもデリケート。人の気配を感じたり
物音を立てると育児放棄をすることもあります。
私たち飼育スタッフも最初の約1ヶ月はできるだけ刺激しないようにしなければなりません
赤ちゃんを見るのは我慢・・・鳴き声だけで元気かどうかを確認します。

我慢すること2ヵ月、母クマの警戒心も薄れ、赤ちゃんもだいぶしっかりしてきました
これならもう育児放棄することはありません。
ただ、この頃は両手に収まるほどの小さな体で、まだ足元もおぼつかず、よちよち歩きが精一杯。
スミレ母さんにいつも引っ付いていました。
しかし3ヶ月を過ぎた今ではスミレの手に負えないぐらい元気一杯!
展示場を走り回ったり木に登ったり・・・男の子らしいパワフルな姿を見せてくれます♪
過保護気味なスミレはそんな息子をいつも心配そうに見つめています(笑)
これからもすくすく元気に育つようスタッフ一同見守っていきたいと思います。
今が旬なクマの親子にぜひぜひ会いに来てくださいね

●
クマ担当:麻生


秋吉台自然動物公園サファリランド
〒754-0302山口県美祢市美東町赤1212
TEL 08396-2-1000 FAX 08396-2-1005 MAIL safari@tanakahotelg.co.jp

Copyright(c)2006 TanakaKinzoku Co. Ltd. All Rights Reserved.

トップページ

ページの先頭