秋吉台自然動物公園 サファリランド

twitter

facebook

youtube

飼育員のブログ

■最新の記事




■最新の写真




●迷子の金、大捜索!




フライトイベントではその迫力に皆さんビックリされていました!
ついに金を発見!!電信柱の上にとまっているのが分かりますか?
銀のもとに帰ってきた金。2羽で寄り添って行動していました。
6月21日、当園のアフリカハゲコウの金(メス)が訓練中に風に流され、迷子になってしまいました。スタッフ総出で近隣の捜索、県内から目撃情報も寄せられましたが、発見には至らず。スタッフも途方に暮れていた矢先に一報が入りました。6月23日夕方に夕方に兵庫県こうの里公園から写真が、そして5日後の6月28日夕方、和歌山県御坊(ごぼう)市の住民の方から緊急の連絡がありました。『ハゲコウが電柱に止まっている!!』

すぐに担当者は新幹線とレンタカーで和歌山に向かいました。サファリのある美祢市美東町はゴボウが名産、ハゲコウが目撃された場所はゴボウ市、マチガイナイ……。
山口から6時間の旅を経て御坊市に到着。情報提供者の方の親切なご厚意(道案内などの様々なご支援)により、ついに金を発見しました!しかし焦りは禁物・・・時間は午前3時、夜が明けるのを待ち訓練と同じように笛で呼ぶと近くまで降りてきましたが・・・その姿はかなりやつれ、行方不明になってから十分な餌を食べれていなかったようです。すぐには捕まえず、しばらくは金の様子を見守ります。後発隊のスタッフも揃ったところで作戦開始です。
ハゲコウは暗くなると目が見えなくなるため、スタッフのそばに金を呼び寄せ餌で引きつけておきながら暗くなるのを待ちます。そしていよいよその時が来ました。金の動きが鈍くなったところで女性スタッフが渾身のダイブ!!笑顔がステキと評判の女性スタッフの顔が般若のような形相に変わり、面食らったのかあえなく金はスタッフの腕の中へ…他のスタッフが駆けつけた頃には、女性スタッフは金を抱きしめたまま号泣。飼育動物を園外へ出してしまった責任の重さと、単純に金とまた一緒に過ごせることへの安堵感、飼育者ならではの計り知れない深い想いがあったのだと思います。金も体に異常はなく、無事輸送箱へ。翌日サファリランドで首を長くして待っていたハゲコウの銀(オス)と感動の再会。その日はずっと2羽で寄り添っていました。

アフリカハゲコウの金と銀はお客様にダイナミックなフライトを披露し、お客様から驚きと共に歓声を頂戴してきました。どのお客様も非常に温かく優しく、最後には感動の拍手を送って頂きました。今回のハゲコウ金の捜索騒動で一時、ハゲコウのフライトイベントは中止となっていましたが、8月13日から再びハゲコウのフライトイベントを再開する事が出来ました。

 最後になりますが、今回の捜索では非常に多くの方にお世話になりました。心よりお詫びと厚く御礼申し上げます。
 ハゲコウ金の目撃情報をわざわざ知らせてくださった皆様、ハゲコウ捜索スタッフに対し差し入れを下さった皆様、捜索に対しご理解とご協力をいただいた皆様、本当にありがとうございました。そしてこれからも、金と銀の豪快なフライトを楽しみにしていて下さい。


●
アフリカハゲコウ担当 大下


秋吉台自然動物公園サファリランド
〒754-0302山口県美祢市美東町赤1212
TEL 08396-2-1000 FAX 08396-2-1005 MAIL safari@tanakahotelg.co.jp

Copyright(c)2006 TanakaKinzoku Co. Ltd. All Rights Reserved.

トップページ

ページの先頭