秋吉台自然動物公園 サファリランド

twitter

facebook

youtube

飼育員のブログ

■最新の記事




■最新の写真




●アフリカン ○○ エレファント




サバンナゾウとマルミミゾウ、どこが違うかよーく観察してみて下さい!こちらはサバンナゾウの「アキ」です.
車から間近でゾウの様子を観察できます.
ゾウに直接ニンジンもあげられます!
 みなさんはアフリカには2種類のゾウがいる事を知っていますか?それは一般的にアフリカゾウと言われている草原に棲むサバンナゾウ(African Savannah Elephant)と、アフリカの中央〜西側の森林に棲むマルミミゾウ〔森林ゾウ〕(African Forest Elephant)です。

 1800年代までアフリカにいるゾウは1種類だけだとかんがえられていました。1900年、カメルーンの森林で小型のゾウが発見され、『マルミミゾウ』と命名され発表されました。同一種なのか別種なのか諸説唱えられていましたが、遺伝子の違いで分析する技術が進歩し、別種と考えられるようになりました。
 当園ではサバンナゾウ2頭と、マルミミゾウ2頭を飼育しています。当園で飼育している小型のゾウが、マルミミゾウではないかと以前から多くの声が寄せられていました。(多くの声、ありがとうございます)3年前から、研究者の方が本格的に調査され、やはりマルミミゾウである事が先般判明し9月6日、マスコミに公表したばかりです。

 そしてこのマルミミゾウは現在日本の動物園では3頭しか確認されていません。そんな珍しいゾウがここサファリランドにはいるのです。しかも、2種類のアフリカゾウを同一エリアで比較・観察できるのです!!
 当園のマルミミゾウは、オスの「ダイ」とメスの「ミミ」という名前で共に11歳、これから大人になっていくゾウたちです。そしてオスとメスのペアで飼育しているため、今後の2頭の間にできる「ゾウの赤ちゃん」にも期待がかかります!みなさんに赤ちゃんをお見せ出来るよう、飼育員一同全力で取り組んでいますので、応援よろしくお願いします!

 さて、話が逸れてしまいましたがサバンナゾウとマルミミゾウ、違うのはもちろん名前だけではありません。アフリカゾウならではの大きな耳や口から生えている立派な牙!鼻が長いのはもちろん一緒ですが(汗)よくみるとそれぞれ生活環境にあった形や大きさをしているんです。その違いをぜひ皆さん自身の目で確かめてください(^0^)
 ゾウと直接ふれあえる「ゾウコーナー」もありますので、ぜひ飼育員にも聞きながらゾウの違いを確認してみて下さい!!


●
ゾウ担当 谷崎


秋吉台自然動物公園サファリランド
〒754-0302山口県美祢市美東町赤1212
TEL 08396-2-1000 FAX 08396-2-1005 MAIL safari@tanakahotelg.co.jp

Copyright(c)2006 TanakaKinzoku Co. Ltd. All Rights Reserved.

トップページ

ページの先頭