秋吉台自然動物公園 サファリランド

twitter

facebook

youtube

飼育員のブログ

■最新の記事




■最新の写真




●寒さに負けず!雪にも負けず!




雪まみれな耀(ヨウ)寒くないですか〜?
ジャンピングアタック!!
待て待て〜!鬼ごっこが止まりません。
今年に入ってから幾度とくる寒波の影響で、サファリランドでも雪が積もったり、日中の気温が氷点下だったりと、とても厳しい日々が続くことが何度かありました。
人を含め、ほとんどの動物たちが動きたくなくなるような寒さの中、ある動物だけは雪に大はしゃぎしていました。その動物とは…

そう!レッサーパンダです!

サファリランドのレッサーパンダは「シセンレッサーパンダ」と言い、中国の四川省が原産。標高2000m〜3000m級の高い山で生活をしているので、寒さに強く、雪が大好きです!
特に、昨年夏に生まれた双子のレッサーパンダは初めて見る雪に大興奮!!
お兄ちゃんの「耀(ヨウ)くん」はサファリイチのやんちゃ&元気っ子。スタッフを追いかけて、新雪の中を走りまわり、雪まみれになりながら遊んでいました。
弟の「輝(ヒカル)くん」もお兄ちゃんと雪上プロレス!2頭で雪の上を転がります。
他にも、鬼ごっこをしたり、雪にダイブしたりと、見ていてこちらもワクワクしてきます。もちろん、子供だけでなく大人のレッサーパンダもはしゃいでいて、とても楽しそうです。

「雪で体は濡れないの?寒いのに風邪をひかないの?」
と心配されることもありますが、レッサーパンダの体には秘密があります。それは、ぬいぐるみのように見える「もふもふの毛」!
レッサーパンダの毛は二層構造になっていて、表面の茶色い毛の下にやわらかい毛が密集して生えているので、内側まで水分が届かず体温を保つことができます。しかも、足の裏までびっしりと毛で覆われているので、雪の上を動き回っても冷たくありません。
レッサーパンダの「もふもふの毛」はかわいさを際立たせる以外の役割があったのです。
ただ、夏の暑さには弱く気温が30度を超えると、ダラけて動かなくなり「ダレッサーパンダ」になってしまいます…
レッサーパンダが一年で一番テンションの高い冬の今、夏では見られない元気に動き回っている姿を見るチャンスです!
寒さに負けず!かわいらしい姿をぜひ見に来てください!

●
レッサーパンダ担当 松成


秋吉台自然動物公園サファリランド
〒754-0302山口県美祢市美東町赤1212
TEL 08396-2-1000 FAX 08396-2-1005 
MAIL safari@tanakahotelg.co.jp

Copyright(c)2006 TanakaKinzoku Co. Ltd. All Rights Reserved.