秋吉台自然動物公園 サファリランド

twitter

facebook

youtube

飼育員のブログ

■最新の記事




■最新の写真




●牧草さんこんにちは




北海道で育った牧草!船にゆられてはるばるやってきました。上に上がると怖いです・・・
このスペースに牧草を入れていきます。私の身長は176cm★広さわかりますか?
牧草ですっかり埋まりました。30kgの牧草を持ち上げます!!
みんな力持ち★
 今回はサファリのちょっと裏のお話・・・動物たちのエサについて紹介します!

 サファリには色々な種類の動物たちが生活していて、当然ですが動物たちの種類に合わせて様々な種類のエサ(専門的には飼料(しりょう)といいます)を入荷しています。その中で一度にもっとも大量に入荷するのが、サファリにいるゾウから子ヤギまで約23種210頭の草食動物たちの主食の≪牧草≫です。イタリアングラスという種類のイネ科の草を干したものです。約2ヶ月に1度のペースで入荷します。その量は一度に約600コン(梱:牧草を数える単位です)。わかりやすく説明すると、1コンの重量は30kg(大きさは50×60×40cm)なので600コンとなると、なんと!総重量18トン(ゾウ4頭分)!!これが北海道から20tトレーラーに山盛りに積まれて、フェリーに乗ってサファリァンドまでやってきます。

 牧草入荷の日は大忙し!人手を集め、動物課の共同作業です・・・手作業で牧草をトレーラーから下ろし。保管する飼料庫に積み上げなければなりません!
 手順はまず、トレーラーを飼料庫の横に止めて牧草を上から落としていきます。その時下に人がいないことを十分に確認して落とします。ある程度の量が落ちたところで、手カギを牧草に引っかけて飼料庫の奥まで引っ張っていきます。これは主に女性陣の仕事です。次に奥で待機していた男性陣が牧草を積み上げていきます。6段積み上げますが、6段目は約2mの高さに30kg牧草を持ち上げなければいけないので非常にハードです!実際に、6段まで積めるのは男性陣全員というわけではありません。ちなみに私は無理です・・・。

 このようにすべてを手作業で地道に牧草を移動させます。約2時間のこの作業の後はみんなヘトヘトです。冬はまだしも夏は熱中症に気をつけなければならないほどのハードな作業なんです。もっと楽な方法があったらいいのにな・・・。

●
飼料班 河野


秋吉台自然動物公園サファリランド
〒754-0302山口県美祢市美東町赤1212
TEL 08396-2-1000 FAX 08396-2-1005 MAIL safari@tanakahotelg.co.jp

Copyright(c)2006 TanakaKinzoku Co. Ltd. All Rights Reserved.

トップページ

ページの先頭