秋吉台自然動物公園 サファリランド

twitter

facebook

youtube

飼育員のブログ

■最新の記事




■最新の写真




●ブラックバックのお引越し




オスのブラックバックです。小さいですが牛の仲間でオスにだけ立派な角が生えています。
箱から部屋へ移動中。一つの箱に数頭入っており、我先にと飛び出してきます。
最後の1頭はクッションに突っ込んでボーゼン・・・ケガがなくて何よりです!
10月1日、サファリランドに新たな仲間が加わりました。広島市安佐動物公園から12頭のブラックバックがお引越ししてきました。今回は動物の引っ越しの様子を私の心情も含めて紹介したいと思います。

 私は動物の引っ越しのために他の園に出張するのは初めてでした。安佐動物公園に到着して担当の飼育員と会うことになりましたが、なにしろ初めての出張なので「挨拶はしっかりしないと」とか「名刺交換はいつすれば?」などと考えていましたが、挨拶もそこそこに引っ越し作業が始まりました(^^;)
 引越しの手順はブラックバック(以後BB)を麻酔で眠らせて輸送用の箱に入れ、トラックに積んでサファリに出発。文章では簡単そうに見えますが、これがとても大変です(汗)まず麻酔を打つために捕まえなければいけないのですが、BBはとても俊敏。広い場所では飛んだり走ったりととても捕まえられないため、狭い部屋に追い込んで挟み打ちにしないといけません。さらに捕まえた後も暴れるため人も動物も怪我をしないように素早い行動が必要です。これを安佐動物公園のスタッフは息の合った連係プレイであっという間に捕まえてしまいます。全12頭を泥まみれ汗まみれになりながら麻酔をかけていきます。ちなみに私は何もしていません(・・;)安佐の皆さんのおかげで午前中のうちにトラックに積み込みが終了。驚異の手際の良さに感動すら覚えました!

 サファリへ到着後、興奮しているBBをしばらく放置して落ち着かせ、新しい部屋へと移動させます。心配なのは箱から部屋へ出る時です。急な環境の変化にはとても敏感なため、出た瞬間にパニックになって暴れる可能性があるのですが・・・BBたちは落ち着き払った様子で外に出てきました。順調に11頭までが出てもう大丈夫、と思いきや最後の1頭がバタバタと大暴れ!衝突防止用の草のクッションの中に突っ込んでいき草まみれに(汗)それでも全頭怪我もなく無事に引っ越しが完了しました。
 今はまだ環境に慣らすため草食エリアには出ていませんが、少しでも早く皆さんに元気な姿を見てもらえるようスタッフ一同頑張りますので今後の草食エリアにこうご期待!


一口メモ
動物園同士では種の保存や頭数の維持のために、頭数の多い園から少ない園に譲渡したりする事があります。今回の引越しは安佐動物公園がBBの獣舎移動に合わせて、サファリに譲渡する形になりました。


●
草食エリア担当 相良


秋吉台自然動物公園サファリランド
〒754-0302山口県美祢市美東町赤1212
TEL 08396-2-1000 FAX 08396-2-1005 MAIL safari@tanakahotelg.co.jp

Copyright(c)2006 TanakaKinzoku Co. Ltd. All Rights Reserved.

トップページ

ページの先頭