秋吉台自然動物公園 サファリランド

twitter

facebook

youtube

飼育員のブログ

■最新の記事




■最新の写真




●ルナの子育て奮闘記




生後2ヶ月。模様もうっすら出てきてそれらしくなってきたかな?
生後3ヶ月。模様も出てきて、まるで人形のように愛くるしい姿をしています。
母親のルナに甘えて膝枕ならぬ尻尾枕!?
6月23日にレッサーパンダの「ルナ」が双子の赤ちゃんを出産して4ヵ月が経ちました。(以前のブログで紹介)
ルナは出産・育児の経験はありましたが、サファリランドに来て初めての出産。しかし環境が変化したにも関わらず順調に子育てをして、子供たちも今では一般公開出来るまでに成長しました。そんな親子の様子を少しだけ紹介したいと思います。

生後2ヵ月が過ぎた頃、全身真っ白だった体毛も、すっかり見た目がレッサーパンダになった赤ちゃんたちは、産箱から「よちよち歩き」で出てくるようになりました。しかし、ルナは心配なようで、すぐに赤ちゃんをくわえ産箱に連れ戻します。ところが、成長は早く、子供たちは外の世界に興味津々!よく外に出ては、笹の枝をくわえたり、棚に登ろうとしたり。ルナは、そんな子供たちの周りを心配そうに動き回ります。
とはいえ、まだまだ子供!生後3ヶ月までは母乳で育ち、母親に肛門をなめてもらい排泄を促してもらったりしています。

そんな中、子育ても順調に進み9月17日には、子供たちを初めてお客様にお披露目することになりました。さらに、フリーパス会員様限定で名前を募集し「野乃香(ののか)」と「風香(ふうか)」に決定!!
日々成長する双子の姉妹ですが性格は違うようで、「風香」はしっかり者、よく一人で行動していますが、「野乃香」の方は甘えん坊でよく“キュルキュル”なきながら母親に甘えています。ところが、ルナは「大人しくしなさい!」と言わんばかりに首の後ろの皮膚を咬んで押さえます。子育てには厳しいようです。

厳しくも一人前に育てようと頑張るルナの様子。野乃香、風香の可愛らしい姿、成長していく姿を是非見に来てください。


●
レッサーパンダ担当 野本


秋吉台自然動物公園サファリランド
〒754-0302山口県美祢市美東町赤1212
TEL 08396-2-1000 FAX 08396-2-1005 MAIL safari@tanakahotelg.co.jp

Copyright(c)2006 TanakaKinzoku Co. Ltd. All Rights Reserved.

トップページ

ページの先頭